2008年05月15日

日之影に誘われて

みなさん、みちくさしてますか?

取材をしていると、ついつい誘われる空間があります。
空気というか、風の流れというか、そんなものに誘われます。

宮崎県日之影町、ここは読んで字のごとく日中でも影が出るほど
深い渓谷にあるまち。
木々に覆われ、かろうじて開墾された田畑が急斜面に階段を形成しています。
これぞ人が作り出した風景!
今回はそんなまちの細い路地に誘われました。

IMGP4147.jpg

行き着いた先は「一心」というお茶屋さん。
昔ながらの母屋は、百年は経つかという立派な構え。
玄関をくぐると元気いっぱいの女将さんが奥からでてきました。

IMGP4156.jpg

「まぁ、ごはんを食べない」と勧められるまま、奥へ奥へ
沢山のごはんが出てきました!
お茶屋さんのごはんは緑が中心。
全身から毒気が抜けるような、薬膳料理に感じました。
こんな料理と時間がいただけるなんて感激です!

IMGP4239.jpg

こんな旅の出会いがあるからやめられない!
日之影というまちの新たな一面を発見することができました。

日常に感動を

心に遊びを

人生は旅である


posted by :時の旅:みちくさスタッフ at 22:45 | スタッフDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。