2008年04月29日

米良三山を登る

みなさん、みちくさしてますか?

快晴の今日、米良三山の山開きでした。
米良三山とは、西から市房山、石堂山、天包山の三つの山を指します。

yamabiraki01.jpg

yamabiraki02.jpg


祈願祭も無事に終わり、われわれみちくさ編集部は
市房山と石堂山にトライしました。




市房山はなだらかだけれど長いコース。
ゆっくりと登山を楽しみたい方に人気のコースです。

今回、私が石堂山に登ったので、こちらを御紹介。
石堂山は痩せ尾根と呼ばれるほど細い尾根道を登る、健脚コースです。
何故か健脚でない私が登るハメになりましたが(笑)
石堂山はツツジが沢山咲いているということでつられたというわけです。
yamabiraki03.jpg
少し歩くと美しいピンク色のミツバツツジが群生していました。
木陰の中に群生している様を見て、ちょっと人より得した気分でした。
ゴツゴツとした石の道を登り、切り立つ崖を這い上がると、
山登りの間でも特に人気のアケボノツツジにめぐり合えました。
天にちょっぴり遠慮気味に伸びている枝振りと、少し大振りの花が
山に一層のアクセントを与えてくれます。
これを見るだけのために石堂山に登って来られた方もいるくらいとか。

yamabiraki04.jpg

何はともあれ、無事山頂に着きまして、ちょっと深呼吸。
九州の中央山地のど真ん中で空気を独り占め!
それから石堂山の頂上を後にしました。
まあ、その降りるのが大変だったんですが(笑)

yamabiraki05.jpg


最後に、健脚でない私が登ったため、足はガクガクでした。
皆さん、登山は計画的に。





posted by :時の旅:みちくさスタッフ at 20:08 | スタッフDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。