2008年03月29日

くじゅうでみちくさ

みなさん、みちくさしてますか?

今日は久住高原で特産の高菜漬けをしてきました!
久住高原の高菜って知ってますか?
これが甘くておいしいんです!
久住高原の厳しい寒さが育んだ高菜は
身が締まってこの甘さが出るんだそうです。
私も生でそのまま食べましたが、おいしかったですよ〜。

kujuumichikusa01.JPG

案内してくれたのは久住高原みちくさ案内人倶楽部の会長、上好温さん。
偶然にも、我々みちくさと同じ名前を使っている方々で、
すんなりと親しくなることが出来ました。

高菜は茎の部分がおいしいので、
程よい大きさの茎をみつけて下のほうから摘み取ります。
そして、天日で1、2時間干し、しなってきたら塩もみです。
塩水でもむことによって、茎の繊維がほぐれて漬けやすくなるようです。
味も凝縮されるということで、塩もみにも力が入ります!
力が入りすぎてもいけないらしいんですけど(笑)

kujuumichikusa02.JPG

そんなこんなで大きな樽二つ分の高菜が漬かりました。
あとは、一週間ほど待つのみです。
楽しみですね〜


posted by :時の旅:みちくさスタッフ at 23:58 | スタッフDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。