2008年02月22日

九州中央山地(2)

久しぶりに下りて来ました(笑)
さて、九州中央山地取材日誌を続けます。

椎葉山の神線.jpg九州中央山地を巡っていていて感じることは、
山の高さ、深さ、長さが違うという事です。






椎葉のまち.jpgこの辺りには、平家落人伝説が各地に残っており、
「なるほど、ここなら追っ手は追ってこないだろう」
と、思ってしまうくらい深いんです。
自分がもし逃げるんなら、この辺りに逃げ込みそうです(笑)





焼畑.jpg焼畑文化も残っており、日本人の源流はここにあり!

と思わせるようなスポットや景観にも出会います。
この深さをどうやったら伝えきることができるか?
自問自答しながら取材を続けております。

さて、日本人の源流とういう壮大なテーマを抱きながら、
森に分け入ろう!!



posted by :時の旅:みちくさスタッフ at 23:35 | スタッフDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。