2007年08月18日

旅先で出会った画家 那良昌彦さん

最近日本観測史上最高の暑さが続いていますが、
我々みちくさスタッフ一同はめげずに取材を続けています。

今日は日南方面へ企画、取材へ。
暑さでヘロヘロになりながらも打ち合わせでサンチェリー北郷へ。
そこで打ち合わせ中に同ホテルで開催中の画家 那良昌彦個展の
作者本人と偶然お会いすることが出来ました。

打ち合わせ後は早速2階の個展へ!
1室に油絵が沢山展示してありました。
どの絵も煌びやかというよりは、質素で清潔感のある感じで、
それは那良さんご自身も意識しているようでした。

那良さんは生活そのものが芸術活動であり、
しっかりとした哲学を持っている方でした。
技法そのものが高いレベルにあり、しかしそればかりを前面に
押し出すわけではないので清潔感を感じたのだと思います。

素朴な生活=芸術活動
当たり前のことから感動を得られるというあたりが
我々みちくさの考えと一致するところでもあり、
見習うべきところだな〜と感じました。

こういう個展に行くと触発されるものがあるので、
機会があればどんどん行きたいですし、
逆に我々もどんどん企画をしていけたらいいな、と思うところでありました。


posted by :時の旅:みちくさスタッフ at 02:01 | スタッフDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。