2009年03月09日

長崎県 新上五島町をまるごと喰らう モニターツアーに行ってまいりました!

先週末の3月6日深夜から8日の午後にかけて、長崎県の
新上五島町へ行ってきました!地場の加工品や五島うどんの
麺作り体験など食に関するモニターツアーで、福岡県在住の
食の専門家「碇孝洋」氏に招かれて行ってまいりました。

6日(金)23時、福岡県のベイサイドプレイス博多港に
総勢16名が集合し、フェリーでいざ上五島町へ!明日の
早朝6時に着く予定だそうな。今日の海は時化で船も大揺れ!
なので船酔いがこわい私としては寝るが勝ち!就寝となりました。
6時間後、夜も明けるころ、新上五島町へ上陸。上陸した時は
まだ日も早いので、周りも見えず、どこへいくのやらと思って
おりましたら、ついた先は五島の温泉場「しんうおのめ温泉荘」。
ここで素晴らしい日の出を見ることができ、感激いたしました。
DSC_3397.JPG

皆さん、温泉へと入り一息つき、五島名物「あご焼き」の
体験現場へ。「あご」とは「トビウオ」のことで、なんでも
顎が落ちるほどおいしいので付いた名だそうな。私の地元、
宮崎では聞かない言葉なので新鮮に感じました。
「あご焼き」の体験現場は素晴らしいロケーションで、皆さん
親切に指導してくれ、なんと焼いたばかりの「あご」も試食
できました。本当においしく素敵な時を過ごさせていただき
ました。
agoyaki001.JPGagoyaki0002.JPGagoyaki003.JPG

さて次は五島といえば「五島うどん」と言われるほど
有名な手延べうどん作りを体験に行きました。乾麺にして出荷
される訳なのですが、作る行程の中で麺を延ばす作業をさせて
もらいました。これが思った以上に弾力があり、おもしろい
ように延びること延びること。
udonn01.JPG
おいしいうどんも試食し、おみやげももらい、次の現場へ。
イカの一夜干しを作る体験です。イカの身を裂き、はらわたと
目を取り出すわけですが、意外と難しく、手間がかかり、
生産者のご苦労がわかる次第でした。
ika.JPG
次の行程は地元加工場と「かまぼこ」の生産者のところへと
むかいます。くじらの串焼きを食べることになり、小学生以来
食べておりませんので、懐かしい味がしました。かまぼこも
非常においしく思わず5袋も買い求めてしまいました.
kamaboko.JPGsisyoku.JPG
さてさて、朝6時からの強行軍ですので、そろそろ皆さん
お疲れ気味ですので、いそいそと宿へと向かいます。
途中、教会や島と島を繋ぐ橋の上からの展望も楽しみながらの
行程で、皆さん楽しく過ごさせていただいた様子です。
fuukei01.JPGfuukei02.JPGkyoukai.JPG
交流会も兼ねた歓迎会も開かれ、夜は更けていきました。
参加者の中には、夜の町に繰り出した元気な方もいて、皆さん
それぞれ楽しく過ごされた様子です。
次の日の朝も6時なので私は早々と就寝。

さて今日は最終日。名残惜しいツアーも最後です。
今日は定置網漁の体験からスタートです。
島での定置網漁は初めての体験なので、海に出る前から
ドキドキしております。肝心の定置網はアジ、ヒラメ、イカ、
サバ、カワハギと、魚種も豊富で、なんとブリまで獲れて
しまいました!五島の海は豊かに人々を育んでくれている
ことがよくわかる体験でした。
teitiami02.JPGteitiami01.JPG
海から戻った後は、ブリの解体ショーの始まり!漁師さんの
手際の良さと新鮮なお魚に舌鼓。スルメの材料として使われる
松イカもその場で焼いて食べる事ができ、もうおいしいこと
だらけで贅沢すぎ。
sasimitati.JPGikayaki.JPG
この後、マグロの養殖現場も見ることが
でき、海の生活を一頻り体験することができました。
漁師の皆様、本当にありがとうございました。

さて次は五島で2年前から養殖をされている「かき」を食べに
いきました。至福のとき。言葉もでません。おいしすぎて舌が
落ちそうです。
kaki.JPG
最後に地元で薫製業をしておられる坂本さんの
ご自宅?へ。中はギャラリーになっており、古美術が所狭しと
並んでおりました。坂本さんが熱く五島のことを語られ、
参加者も頷くことばかりでした。
sakamoto.JPG
最後はアンケートを記入し、後ろ髪を引かれながら、
長崎の地を後にしました。
今回のツアーでお世話になりました関係者の方々、本当に
ありがとうございました。またツアーに誘ってくださった
「碇孝洋」氏、五島という地はなかなか宮崎から行く機会が
なかったのですが、一度行くと近く感じました。。宮崎にも
遊びに来てください!




posted by :時の旅:みちくさスタッフ at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。