2008年11月28日

綾のモニターツアー!

みなさん、みちくさしてますか?

誌面でも紹介しましたが、
綾の食めぐりモニターツアーが開催されました。

10軒の食品加工場を巡るツアーで、
2日間の行程で行われました。
参加者も様々な年齢層で構成されていて、
モニタリングを行うには最適の環境!

宮崎駅に集合し、揃ったところでいざ
宮崎を出発!

綾町商工会へ到着。
オリエンテーションを行い、
今回のモニターツアーの趣旨を確認。
テイスティングはただの試食ではない!
この綾という地域を全国へ知らしめるための
大切な研究材料なのです。

その高らかな志を胸に、
まずはトップバッターの百姓家さんへ!
古めかしい牛小屋とたばこの乾燥小屋を抜け、工場へ。
そこに用意された自慢の商品の数々。
この事業に対する意気込みがわかります。
内容は、甘酒におもち、高菜漬け、各種漬物類。

特に受けていたのが甘酒。
その昔ながらの製法による味と、
少し古代米を入れた色合いに参加者が絶賛。
おもちも良く伸びるしおいしいので、
飛ぶように売れて行きました!

その怒涛のごとく過ぎ去るテイスティングの時間は
モニターツアーの域を超えていた!

お次は錦原のほりさんち。
用意された露地野菜の加工品を使った食品が
参加者の目を惹きます。
にんじん100%のキャロットジュースは
綾の大地の味がそのまま!といった感じでした。
人気だったのがたまねぎのジャム。
時期が早かったので、数量は少なかったけど、即完売!
ほりさんもその感触に自信を深めた感じでした。

さてさて、お待ちかねの昼食は
綾北川沿いにある鮎の山水!
その詳細は次回!


posted by :時の旅:みちくさスタッフ at 01:20 | スタッフDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。