2008年07月03日

日南散策

みなさん、みちくさしてますか?

みちくさ7月号の制作終了もつかの間、
色んな所をめぐっております。
ちょっと、みちくさもできるようになりましたが(笑)

今日は、かのやバラ園の方と一緒に
日南の飫肥城下町を散策しました。
自分達で歩くのもおもしろいのですが、
今回は観光ボランティアの会長石川さんに
案内していただきました。

まずは、豫章館
観光ボランティア館から歩いて1分にあるこの館は
飫肥城伊藤家家臣、伊藤主水(もんど)の屋敷だったが、
明治2年、藩主、伊藤祐帰が飫肥藩知事に任命されて
城内より移り住んだ館です。
飫肥杉や飫肥石を使った館は風情があり、立派な庭が印象的。
今日のような暑い日でも、館の中は涼しいのには驚きました。

nichinan01.jpg

次に飫肥城門の前を通り、濠を歩きながら
武家屋敷通りへ行きました。
蝉の声が染み入る石畳を歩くと昔へタイムスリップした気がします。

小村寿太郎記念館を通り、街中散策へ。
しおや、ギャラリーこだまなどをまわりました。
側溝には鯉も泳いでおり、涼を感じることが出来ます。

最後には、路地裏を歩いているといつの間にやら、
元の観光案内館に戻ってきました。
駐車場では、四半的も体験することが出来て
とても有意義でした。

日南の飫肥城下町は散策の魅力満載です。

nichinan02.jpg


posted by :時の旅:みちくさスタッフ at 17:51 | スタッフDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。